真性包茎矯正

真性包茎矯正


まずは、真性包茎について少し説明しておきます。


■ボッキ時・通常時にかかわらず、全くむくことができない。


■亀頭部分の正常な発育が妨げられ、短小となりがち。


■通常時、ボッキ時ともに完全に包皮に覆われているため、不衛生である。


■また、挿入時に激痛が走るなど正常なセックスが困難な場合もある。


真性包茎の矯正は、一般には手術して治療するのですが、ここでは器具を用いて包茎を矯正して治す方法をご紹介します。


真性包茎の矯正にも効果があるグッズがあります。皮を広げる為の器具でこれを使うことで手術が回避できる可能性があるというものです。


これを使うとわりとすぐ成果が出てきます。


ずっと付けていても痛くなくなってきたら、もう一回り大きいのに付け替えていきましょう。


こまめに装着していれば、1、2 ヶ月もすればだいぶ広がってくると思います。


そうなったら、思い切って、じゃなくてそーっと、剥いてみましょう。


もちろん勃起してない時にです。ゆっくり剥いていくと、次第に亀頭が顔を出してきます。




Copyright (c) 包茎矯正. All rights reserved.


包茎矯正のサイトTOPへ

包茎矯正グッズ

包茎矯正グッズ


その包茎矯正グッズには、主なものには、リング型・下着タイプ・接着タイプの3種類があります。


どれも陰茎を固定し、仮性包茎程度の矯正をするためのグッズです。


■リング型


たくさんの種類があり装着方法もいろいろあります。
一番おすすめなのがリング型で装着は簡単で付けはずしも簡単にできいざという時に役にたちます。

シリコン製などの適度な弾力と肌触りのいい素材が使われているのでつけたときに痛みもなく安全に誰にでも使用できます。



■下着型


特徴は見た目は普通の下着ということです。中にリング型のように陰茎をいれて止めるものがあります。
今ではいろいろ改良され通気性や温度調整などパワーアップしているグッズのひとつです。

見た目がばれないのでそのような機会にでくわしてしまうかたにおすすめです。



■接着型


接着方型は包皮をくっつけ剥き癖をつけるためのものです。
使いようによっては危ないのであまりおすすめはできません。
どうしてもというのなら止めませんが使い方を誤らないようにしましょう


包茎の人のとって医者やクリニックで治療すれば簡単なのですが、やはり医者といえども他人に見られるのは恥ずかしいと入う理由や費用などの問題から病院で診てもらうのはちょっと・・・という方は、まず包茎矯正グッズを試してみてはいかがでしょう。。





Copyright (c) 包茎矯正. All rights reserved.


包茎矯正のサイトTOPへ
[PR]簡単ダイエットで理想の体型を!簡単ダイエット方法|片思い|片思いを両思いに|片思い告白|恋愛片思い||神戸市中央区キャッシング|ちわわ大好き♪ちわわ生活|メタボ予防対策|即日融資キャッシング|パニック障害闘病記/あなたも一緒に克服しましょう!|パニック障害を克服しよう!パニック障害お助けHP|片思い成就!片思いを両思いに|ハゲ予防!若ハゲ予防対策|がん治療方法.jp|掛け捨て保険.jp|還暦お祝い|チワワのすべて♪ちわわ大百科|強度近視も視力回復!強度近視解消|英語勉強法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。